館長の部屋

1980年6月8日に道場を開設し、35年になりますし、私の合気道歴も丁度
50年の節目を迎えます。
道場開設間もない頃は、第2次ベビーブームの時代で幼稚園から小学生
の子ども達が入会してきました。元来、小さな子ども達と遊ぶのが好きなので
、合気道をしているのか、遊んでいるのか、はっきりしないところがあります。
小さい子等に武道と張り切ってみても致し方ありません。
合気道をし、又、楽しい遊びを考えて稽古に取り入れていければと良いかなと
思っています。
最初の5年間は、子ども達ばかりでしたが、徐々に大人の方々も増えてきま
した。最近は、少子化の波で子どもと大人の比は、半々になってきました。
若い頃は、合気道とはと壇上から振りかぶり考えていたのですが、最近はと
言いますと、子ども達によく遊んでもらっていると思っています。
大人の方を教えていますと初段前になってきますと身長、体重、男女差等に
よって同じ技をしていても、その人なりになり型ができあがります。ですから
初段以上の方には、余り型を直すことを言わなくなります。しっかり動いて
良い汗をかくのが一番かなと考えます。
いつまで稽古ができるかわかりませんが、一年一年、思い残すことが無い
ように稽古したいと考えています。